10/29-11/11

10/29 日記

最近食いすぎだ。
なぜかジャンキーなものを食いたくなってしまう。

10月はあまり走りにいってないからだろうか。
運動量が減ると、食べてしまう傾向が自分の中にあるのは知っている。

頑張れ。年間目標700kmランまであともう少し。
今月サボった分来月しっかり取り戻しつつ、体重も維持しよう。

最近自分の語彙力、文章力の拙さを感じることが多くなった。
もう少しできると思っていたけれど、やはり昔から国語が苦手だったし、なかなか覆せないなあ。笑

ただ、訓練を積んでいこうと思う。
目指すは洗練された涼しげな文章。

日本語として美しい響きの熟語や単語をしっかりと頭に叩き込む。
文豪と呼ばれた人たちの文章に触れる。そして、自分のものにする。

やってみよう。頑張ってみよう。

そして、別件。極秘で進めているものがある。
今日はその準備を少ししていた。

もしうまいこといったら公表しようと思うが、まだ伏せておこう。
明日は朝早いので寝る。

 

10/30 skip

書き忘れたのでスキップ。


10/31 アンジュルム

はいー。
最近ハロプロにハマり気味だったのですが本格化しそうです。

Because Of これ
https://www.youtube.com/watch?v=njCe2i91kWo

今日発売のアンジュルムの新曲。
昨日から聴き始めて、20リピートくらいしている。。

すでに、iTunesから配信DLした。

とにかく、サビの「結局はLOVEでしょ」に全てが集約されている。
ここを聞かせるために、何もかもお膳立てしているかのような。

先週発売の、娘'18の方の新曲は完全にEDMなアレンジで、
かなり、挑戦的なのがかっこいい。

んだけど、やっぱり日本人のツボは、この「46億年LOVE」だと思う。
短調のメロディ、ブラスと16ビートのカッティング、4つ打ちのドラム。

歌いたい×踊りたい。
のミックスされたキラーチューンである。。

曲ばっか聴いてメンバーのチェックができていないけど、
ひとまず上國料萌衣だけ、認識した!

沼にハマる〜〜。

 

11/1 日記

11月に入りまして。
着る服がない時期でございます。

最近やる気が出ないのはなぜでしょうかーー。
明日はライブ。でもなんか「構え」が少ないな。

二重まぶたを育て中である。
寝る前にアイプチ。もともとついている折り目の幅を広げるように。

効果があるのかは微妙である。
とりあえずしばらくやってみる。

町家のツタヤ(CDレンタル)にアンジュルムがなかった…。
°C-uteも少なかったし、モー娘。も古いのばっかり。

これだからダメなんだこの街は。
また渋谷に行くしかないな。


11/2-11/10 サボり期間

書けてなーい。
ちょい忙しい&ちょいダラダラモード。

にしても書けなさすぎだけど。笑

 

11/11

1週間以上サボっていたのでその期間のハイライトを。

・2日(金)

代官山NOMADでライブ。
キャリア浅い人たちの集まりだったので全然客がおらず。笑

こじんまり、自分のペースで楽しんでできたと思う。
1. Custard
2. PRINCESS
3. 二ツ木アンソロジー
4. ESSENCE

・9日(金)

職場の先輩に以前連れて来てもらったオーバーヒートという六本木のバーの店内で歌わせてもらった。(ミニライブのような感じ)

マスターが面白くて気さくな人で、
最初に行った時、「今度ここでライブやんなよ!CD持って来てね!」
と言われたので、この週月〜木までずっとCD作成をしていてほとんど寝れず。笑

CDの内容は
「雨の中で」、「Essence」(新録)、「Torch Song」
頑張って作りました。^^

・10(土)

山手線一周のイベント。
疲れました。笑

・11日(日)

本日は、代官山NOMADのUtaco.さんに招待いただき、ライブへ。
http://uta-showa.com/top.html

感想:「ステージ慣れしている」というのはすごく大切だなあと思った。

 

明日からは欠かさずにちゃんと書こうと思います。。

歌詞置き場

雨の中で

今キレイに当てはまるもの
集めて囲い込んでも
鮮やかにガラクタに変わる
ほんの一瞬のスキに
 
これ以上どこにも行けない
きらめき失った時は
忘却の隙間を抜けて
君に会いに行こう
 
それなりじゃ 渡りきれないこと
どうせ わかってるから
 
雨の中で 夢の中で
その欠片を探してる
確かな声 聞こえるまで
靴も 髪も 濡れて
 
いつからか まとわり付いていた
どこか らしくないもの
 
海の底へ 闇深くへ
その全てを沈めたら
守っていく為 信じた運命
いつか それも 超えて
 
雨の中で 夢の中で
その姿を探してる
君に歌え 獣になっても
走り続ける
 
雨に打たれ 夢は絶たれ
冷めたハートで 掴みとれ
まだ遠い声 触れるまで
胸の 奥に 決めて
 

Essence

まとまらないプラスチックの破片は
この夜空に 刻み込んで

忘れられた ふたつポッケの王様
意気地なしの 寂しがり屋boy

確かに僕は余計な人なのかもしれない
でも土ぼこりの中で

ダーリン 君を歌うよ
この場所から
時計の針を追いかけて
浮かんでは消えた

イッツオーケー 不思議な気持ち
つじつま合わせ
いつまでたっても揃わない
Essence 足りない I mean you

傷ついたり 疲れて投げ出したり
ありきたりな モグラのままで

行けばわかるいつか失えばいいさ
気づけば生まれ変わっていた

ダーリン 君を歌うよ
困らせたくて
まだ見ぬアイデアをもう一つ
忍ばせている

コーナリング 途切れたメロディー
無音の空気が
教えてくれた新しい
Massage こんなに I’ve been you

ダーリン 君を歌うよ
この場所から
時計の針を追いかけて
浮かんでは消えた

イッツオーケー 不思議な気持ち
つじつま合わせ
いつまでたっても揃わない
Essence 気付けば I love you
Darling こんなに I miss you

Torch Song

はぐれてしまっただけ
探せば見つかると
一人で歩いた 雪のないこの道
 
取り戻せない日々を
心が呼ぶから
鍵をかけたら溢れ出した
涙は止められない
 
また知らない明日が来る
みんなどこへ向かうのだろう
君だけよと呟いた
ひとりごと 夜空に消えた
 
懐かしい 風の音
君に会いたくなる
キスをして 加速して
始まったばかりの
 
波しぶき 君の声
夢中で追いかけた
だけど届かないこの気持ちは
捨てきれないまま
 
マネしてたわけじゃないけど
君に染められた
言葉も仕草も 大好きな歌も
 
上書きされることもなく
時が流れても
ごめん嫌いにはなれないみたい
君を思い出すたびに
 
One day ささやかな未来を
抱えきれないくらい 並べた
今叶えられないのは
一つだけ 覚えてるかな
 
飛び込んだ 胸の中
街の喧騒は遠く
気づいたら 瞬きは
二人だけのもの
 
君の空気 黄昏に
甘えていたけれど
なぜか伝えられない言葉を今
繰り返している

10/22-10/28

10/22 日記

朝、なかなか起きれず、余裕のない朝支度。
昨日寝れなかったからだろうか。

だけど、喉の調子はもう80%くらい治っている。
マスクなしで出勤。

月曜日。自分の業務は週明けだから忙しくなるものでもなく。
午後からは試写会へ。日比谷のセントラルビル。

昼ごはん・はなまるうどん生活を再開しようと思う。
節約と、摂生のため。あそこは、うどんも天ぷらもギトギトしていないからまだ健康的なのだと信じている。

帰ってから6kmランニング。
風邪のせいで体力が無くなっていただろうか。
フィニッシュの瞬間めちゃくちゃ疲れていることに気がついた。
これだけしか走っていないのに。

昨日、UVIのbeatbox anthology2(ドラムマシン音源)を購入したので色々と試している。
やっぱり、これで作ると音がくっきりする。リズムが明確になって良い感じ。


10/23 日記

朝また起きれず。なんだろうか、食い過ぎか?笑

雨が降っている。この時期着るものがない。
ニット的なものを買おうかと思うけど、粗悪品は毛玉がうっとおしいので、良いやつ…。高い…。

昼ごはんははなまるうどん
続いている。安い。美味しい。

希望を持つことは大切だけど、「自分はこうなるはずだ」と思い込みすぎるのは危険。
「この学校に受かるはずだ」「この人と付き合えるはずだ」など。
叶わなかった時に、絶望が襲ってくるような、希望の持ち方はしてはいけない。

明治の「チョコレート効果」を買う。
定期的に食す。ポリフェノールの効き目はいかほどか。

夜、恵比寿にて、人に会う。
おでんが美味しい、落ち着いた店。


10/24 日記

今日は仕事が忙しかった日。

なんだかバタバタしたまま、1日が過ぎてしまい、
予定していた夕方からのボヘミアン・ラプソディの完成披露にも行けず。。

夜、auの三太郎の日のダブルチーズバーガーを引き換える。晩御飯が安く上がるのはいい。
けど、「これを使わねばもったいない」という気持ちにされてしまうのはどうなのだろうか。
はなまるうどんのかけうどん無料とかもやってほしい。

帰って来て「僕らは奇跡でできている」の3話を見る。
本当にいいドラマ。僕は大好きだ。

とにかく、高橋一生演じる主人公・相河一輝のキャラクターが良い。
自分勝手で他人の話を聞かない彼は、自分自身といちばん仲良くなりたかった。
そしてそうなれたことが誇らしいのだと言う。

だからこそ、自分にとって興味があるかどうか、が最大の価値基準なのだ。

でも、だからといって興味のないことを否定しない。
そう、そして、これは生き方として正しいのだと思わせてくれる。

自分の範囲がわかっている。
狙い球を絞ってフルスイングするタイプのバッターは意外と良い打率を残す。

他人を否定しない。
他人のことなど、どうでも良いと思っているからこそ、優しい。

常に自分の軸から離れず、どちらかの足を地面につけたまま、発信している。
僕はこれが好きだ。これにはこんな良いところがあって素敵なんだ。と。
(このドラマ内ではそれが「生き物」なのである)


10/25 日記

まだ、暖かい日が続く。
そろそろ、いつもポケットに文庫本の季節が来るかと思っていたが、コートはまだ要らないかもしれない。

今日は打ち合わせ先に直行するつもりだったが、忘れ物(PC)をしたので、一瞬だけ出社。
パソコン持って帰ると、荷物が多いんだよね。こっちのほうがいいかも。

10月に入ってから続けて来たアルバイト採用が片付きそうだ。
2年前は、面接される側だったのが、今度は選ぶ側だ。不思議。

面接は意外と難しい。
もっと明け透けに話せる空気を作りたいが、「面接とはかくあるべし」みたいなお約束事が邪魔をしている。

今日も、人に会う約束をしていたが、体調が悪いそうでキャンセルに。
みんな体を壊しているのだな。季節の変わり目は牙を剥く。先週まで自分もやられていたのだ。


10/26

書き忘れていたのでスキップ


10/27 日記

13時に起床。二度寝なし。
久しぶりに超ぐっすり寝た。

洗濯と掃除をなんとなく済まして、髪を切りに行く。

olta

http://oltahair.com/

ここの、店長が切るのがうまい。
そして頭の形や髪質の捉え方が的確。

通い始めてまだ半年あまりだけど、
いい感じの形になって来たと思う。

夜。カミムラ氏との約束。赤羽にて。

トカラ列島の宝島がすごくいいところだという話を聞いた。
魚は釣れる、人は優しい。そんで、離島なのに子供が多いという将来性。

てかこいつ、いつのまにこんなに知識をつけたんだ。笑
俺も、福岡時代にもう少しいろいろなところに行けばよかった…かも?

 

10/28 日記

BARBEE BOYSのライブフィルムを見に行った。
(1988年の東京ドーム公演の映像が映画館で上映される。)

とにかく、杏子さんがかっけえ!
曲のノリ方が他の人と全然違うし、この頃からこんなにハスキーボイスだったのか。

客席はおじさん、おばちゃんばっかりで、
若い人はほとんどいなかったと思う。(当たり前か…)

もし、このライブにリアルタイムで参戦してたら、
30年越しの見直しなわけだから、感慨深さがすごいだろうなあ。

とか考えながら、僕は一曲も知ってる曲がなかったので、
途中寝たりしながら、、でも大音量の音楽を聴きながら眠るのは割と心地よい。

関ジャムが、面白すぎる…。
ピアノ特集。もっと真面目にピアノ練習してみようかしらと思わせてくれる。

10/15-10/21

10/15 渋谷サイクロン

渋谷のサイクロンというライブハウスへ。
ここは、11月19日に出演が決まっているところ。

若干仕事が長引いてしまったので、後半3組しか見れなかったが、
面白いバンドがいた。エアバンド。SALTY'sという。

こいつら、エアバンドなのにエアバンド的パフォーマンスが驚くくらい下手!
なのに!曲は謎のハイクオリティ!そして!MCがべらぼうに上手い!

なんだろう、と思っていたら、吉本所属の芸人で組まれているバンドだった。笑
ピスタチオの小澤(まっすぐロン毛の方)がいた。笑笑

もうすこし、曲中のパフォーマンスが向上すればかなり面白いんじゃなかろうか。
12月のライブで1000人動員できなければ解散するらしい。企画感がすごい。

ここは、さすがは渋谷といった具合に若者が多く、かなり賑やかな雰囲気だった。
あと、トイレがすごく綺麗に掃除されていた。

ブッキング担当の方とご挨拶。
朗らかで親しみやすそうな人だ。

なかなか楽しくなってきた。


10/16 日記

風邪気味だ。これはまずい。

今日色々とやろうと考えていたことがあったが中止だ。
今すぐ寝る。

原因は完全に体が冷えているからだと思ったから、銭湯に行って来た。
これが、良いのか悪いのかは知らない。

ただ、東京のそれも下町の銭湯は、かなり湯の温度が高めで、
今日は15分ぐらいしか浸かってないのに、体が芯からぽかぽかだ。

銭湯文化、良い文化。
残って欲しい。残していきたい。

早いとこ、からだが冷めないうちに布団をかぶって寝よう。
「ほろよい」を睡眠導入剤にする。

風呂といい酒といい、果たして正しい方法なのか誰か教えて欲しい。笑


10/17 ライブでした

本日、月見ル君想フで初ライブ。

会社を午後半休にして、16時の入り目指して移動。
と思ったら、移動中に気づいたけど、16時半入りだった。。

割と急いでしまったので、色々忘れた。
シールドとかクロスとか、予備の電池とか。

ライブの様子や、振り返りはのちのちまとめるとして、
今DVD見返しているけど、盛大にミスったと思ってた所、そうでもないのだな。とか

風邪気味の中よく頑張りました。
このDVD後でYouTubeにでもあげますね。

あげました↓

magatani827.hatenadiary.jp

 


10/18 日記(ちょっと暗め)

自分はどこまで行っても自分本位を変えられないのではないかと不安になる。

どんな人でも平等に、自分らしく生きているというのに、
相手に対して抱えてしまった違和感を消化できない。

この人はどうしてこんな考え方なのだろう、
どうしてこんな話し方をするのだろう。

認められないとき、絶望する。
なぜ自分にバツ(×)をつけられないのだろうと。

正しいの基準も、幸せの尺度も、
自分の中にしか存在し得ないのが恐ろしい。

努力をしても結局、偽りであることに気づく。

例えば、目の見えない人は、この世界をどんな風に捉えるのか。
考えてもわからない、想像しても追いつかない。

今、自分に身についている五感から消去法で、視力だけを取り消す。
すると、あらゆる事柄が変貌する。

上や下、右左の概念は理解できるのだろうか。
物の形や、存在に対して、どのような意識で向き合えば良いか。

色を、目以外で知覚する方法はないのか。


10/19 日記

最近、Galileo Galileiがすごく良い。
「歯抜けのサムは僕らが殺した〜」/Freud

エレクトロな音にセンスがキラリ、落ち着いたリズムと、
少し閉塞感のある歌詞、キャッチーな旋律を忘れない。

行きも帰りも、電車の中で聞いてしまって、ほかのことが手につかない。

これはGoodな状況だ。
やっぱり、右脳が求めているという状態がいちばん健全。

文庫本を出してみても、文章が頭に入らない。
まるで恋をしてしまったように、文化的、建設的な行動から逃げ惑っている。

正解正解。これでいいのだ。

秋風先生も言っていた。
「心を動かされることから逃げるな。そこに真実がある。」(半分、青い。)
と。


10/20 日記

喉痛が治らないので病院へ。
熊野前医院の先生は、診察がめちゃめちゃ早い。

「どうしたの?」「喉が痛くて」
「いつから?」「月曜日くらい」
「3日以上だね、ちょっと診るね」「アーン」
「よし、薬出しとくからね〜。こんな感じの〜。」

この間、およそ30秒ほどである。
俺が若者だから、適当にやっても死なないと思われてるのか。

いっぱい食って寝ることにする。
喉以外は超元気だから、本当は動き回りたいのだが。

おやすみなさーい。

10/21 文章の書き方について

女性的な文章が好きだ。

最近、伊坂幸太郎の本を読んでいて思うが、彼の文章はアツい。
どこかぞんざいで、不親切、野蛮でありながらその荒々しさがクールだ。
(これは登場人物のイメージ寄ってまっているのかもしれないが)

伊坂さんの文章を男性的か女性的かで分類するならば、男性的な方だろう。
男が書いているんだからそりゃ男性的になる。というのはまあそうなんだけど。

ここで、男性的・女性的なんて分け方をしているが、
左脳的か右脳的か、とか、説明的か感情的かなどいろいろ言い方はあるだろう。

決して、男だからこう、女だからこうという
ステレオタイプ的な考え方をしているわけではないことをわかっていてほしい。

ただ、女性の書く文章は、繊細で叙情的、あるいは主観的であることが多い。
一方で男性の文章は論理的、客観的なものが多い気がする。

と、まあそういう話なのだ。
(ただ、これは自分の乏しい読書歴から導き出した法則であるため、
かなり大味であり、もしかしたら的を得ていないかもしれない。)

男性でも、(ここで言う)女性的な文章を書く人はたくさんいる。

例えば太宰治
彼の書く文章は本当に面白い。

一番の特徴は、淀みなくスラスラと読めるところだと思う。
「リズムを意識している」のではないかと。

言葉一つ一つのイントネーション、母音子音の組み合わせ方が上手くて、
読んでいると、あるいは音読すれば音楽になるのではないか、
と感じてしまうような軽快なリズムを感じられるのだ。

そして彼の文章は主観的だ。自分の感じ取ったことに対して忠実だ。
彼の創作の根源はひたすら自分と対峙することなのではないかと思う。

この世の道理や、諸悪の根源について考えを巡らせ、
己の生き様と照らし合わせて、湧き上がった言葉を並べているようだ。

まあ、太宰治は例外にしても、このような特徴の文学は、
女性作家に多いと僕は感じている。

例えば、先日の江國香織綿矢りさ西加奈子などの作品は、
僕が読んで来た数少ない本の中でどストライクだった。

 

 

 

10/17 南青山 月見ル君想フ

初ライブの映像をアップロードしています。

youtu.be

〜セットリスト〜
intro
Geek in the Pink /Jason Mraz cover
Custard
ムーンナイト
Essence

いやー、なかなか厳しいですねえ。
想像以上に、伴奏が走る、歌詞が飛ぶ。

ただ、やろうと思っていたことはできたのでよしとする。
緊張しながらも、冷静な自分と同居しながらできたと思う。

共演者の紹介をしておこう。

以下の三人さんでした。

・活動寫眞さん

https://twitter.com/_silent_picture

「かつどうしゃしん」と読むそうです。
昔の言葉で「映画」という意味。
この人はユニークで、ひたすらタメ口で話してくる。
まあ確かに、年上なのでいいのだが。笑
ときどき心が折れて敬語が垣間見えるのがかわいい人。

イダセイコさん

https://idaseiko.jimdo.com/

むかし、メジャーデビューしたこともあるそうで、
この日の出演者の中で一番のキャリアが長い。
ゆるふわなメガネのおねえさんという感じ。
海の風景の曲がすごくよかった。(タイトル覚えてない)

・鷲見俊之

https://twitter.com/sumi19840916

「すみとしゆき」と読むそう。
16ビートなファンキーな曲が印象的。
山崎まさよしみたいでかっこいい。
バラードっぽい、いわゆる弾き語りな曲もやっていたけど、
そっちより、こういうのをもっとやった方がいいんじゃないか。

 


しゃしん

p.s. 高校の友達が来てくれて写真を撮ってもらいました。ありがとう。

 

10/8-10/14

10/8 日記

体育の日なので、会社はおやすみ。

今日はほぼ家にいて、Jason Mrazの曲をコピーしていた。

あと、ドラッグストアぱぱすに赴き、ニノキュアを購入。
ついでに本絞りのオレンジも。これ最近他のスーパーであまり見ないけどどうしたんだろうか。

ご飯はレトルトのククレカレー。
それからUber Eatsでマクドナルドをデリバリー。

完全に食い過ぎである。
そういえばランニングしようと思っていたのに忘れてた。

だめだ。体重が増える。
体重が増えるのもそうだし、食べ過ぎて運動しなさすぎると、体がしんどくなる。

から、行かねば!あれだ!ダンス!
また忘れていたぜ!

プライベートのタスク管理ができていない。(タスクでは無いが)
だれか予定を管理してくれ…。マネージャー欲しい…。笑


10/9 日記

今日は7時すぎにスッキリ起床。
よし。今週はコレを続けて行こう。

なぜか、(昨日食い過ぎたのに)調子がいい。
体は軽いし、目もよく開く。

どうやら、食い過ぎが内臓にもたらす負担よりも、
食欲発散によるストレス解消の効果が上回ったらしい。

そういうわけで、快調な本日。
帰宅してから、6km走る。今月初。積み重ねないと。

Amazonから、電動カミソリが届いていた。
Panasonicのフェリエ。

電池は別売り。「Panasonic製をおすすめします」だと。商魂たくましい。

コレを早速使ってみると、衝撃!
泡も水もなしで、すいすい剃れる!しかも振動がなんか気持ちいい!

というわけで、眉毛を整えました。
今までで一番楽に整えられました。


10/10 初訪問・代官山LOOP

代官山LOOPというライブハウスに行ってきた。

ここも、出演希望を出したら、ブッキングオファーが返ってきたとこで、
一度、中の雰囲気を見てみたいといったら、このライブに招待された。

なんと今日は、奇妙礼太郎の弾き語りワンマンである。

どひゃー。たかが見学にそんなの当ててくるんすか。
すごいな東京は。と思いながら観る。じっくりめに観る。

すごいね。何がすごいか。リズム感がすごい。よれない。
何がすごいか。歌声のグルーブがすごい。1音出すのにそんなに助走をつけるのかというような。

あと、この人のライブ、半分ぐらい、喋りなのね。半分、喋り。
漫談みたいな。思いついたことを思いついたまましゃべっている風でありながら、
オチをつけて笑いにつなげる。話術の勉強にもなりそう。笑

代官山LOOP自体はどうかというと、キャパは小さく200人ほどしか入らないらしいが、
その分、洗練されていて無駄がない感じがした。総じて綺麗で居やすい空間だと思う。

ここに呼ばれているのは来年1月のイベントだ。
ぜひ出たいと思う。今日のライブも良かったし、箱の運営にも好感が持てたので。


10/11 日記

仮面ライダービルドは面白かった、という話を職場の先輩から聞いた。

その人には今ちょうど、ヒーロー熱狂世代のお子さんがいて、
一緒に見ているうちに、自分の方がはまってしまったようだ。

これはけっこう、ライダー/戦隊モノにはあるあるの話で、
主に、母親の方は、イケメン役者を推すようになり、
父親の方は、ライダーの奥深いストーリー構成に虜にされてしまうようだ。

実際、毎週30分を1年間やるのだから、放送時間的には朝ドラに匹敵する長さだ。
だから、脚本は練りに練られ、伏線はあちこちにはられ、かなりショッキングな出来事も起こるらしい。

というわけでオススメされてしまったので、本日帰りにTSUTAYAにて、ビルドDVDの1巻をレンタル。
これから見る。

また、TSUTAYAにて、同時にアルバムを5本レンタル。
今時レンタルで音楽を聴く人がどれくらいいるのだろうか。

僕は、アーティストに注目して聞きたいときは、
アルバム形式がいいと思っているので、レンタルするか、iTunesからダウンロードする。

だけど、ムーブメント的には、定額配信サービスで、
プレイリスト再生が主流の現代。

アーティストの存在価値、存在形式が問われているとも言える。
みたいな話を、ベボベのこいちゃんと、アゲハスプリングの玉井さんがしていたな。対談インタビュー形式で。

以下、貼っておく。何年か前の話だけど、最近自分が考えていることと結構合致した。
やはり、最前線にいる人たちは情報が早いし、施工する速度も速い。

https://www.google.co.jp/amp/s/realsound.jp/2015/07/post-3887_1.html/amp


10/12 日記

今日は代官山NOMADへ。
相変わらず、出演する箱の下見である。

というかそろそろちゃんと宣伝しなければ。
今のところ3つほど決まっているが、ほぼ誰にも言っていない。

平日だからみんなこれないだろうな。

なぜライブハウスは開演時間を19時台とかにするのだろうか。
もう少し遅くてもいいのにと思ってしまう。時代のニーズに合っていない。
これじゃ、クラブ系の箱に押されてしまうのも無理はない。

さて、今日見た中でダントツによかったベース弾き語りの燐-Lin-さん。

https://twitter.com/i/moments/973071038685704192

タッピングがものすごく達者で、曲の構成も、音作りもしっかりしているので、なんら違和感がなく、完成されていた。
ベースだけに低音が充足しているので、ビート感のある曲はかなりノリが出ていて、これならギターよりいいんじゃないか。

個人的にはディレイエフェクタを使った「beyond」という曲が好みだった。
音源化はされているのだろうか。

これの終演後、イヤホンを取りに会社へ戻った。
イヤホンがないとなんだかとても不安だ。なぜだこの感覚。思春期みたいだ。

 

10/13,14 日記

大学時代の友達から、渋谷の肉横丁に行こうと誘われたので、行ってきた。(2回目)

彼は、かなりここが気に入っているらしく、
「ニクヨコを制覇するぜ!」的なことを行っていた。よくわからん。

その後も、結構飲んで、気がついたら下北沢にいた。
朝だった。(細かいことは省略する。)

帰り、小田急線から千代田線に直通する列車に乗り込んだら、
いつの間にか寝ていて、電車の進む向きが逆になっていた。

どうやら、我孫子の方まで行って折り返して来たらしい。
初体験。1時間越えの爆睡である。

そして、14日の朝の気温は寝起きにはかなり寒かった。

体を温めようとガストでモーニングセットを食す。
なんとここでも1時間ほど寝た。

どんだけ眠かったんだ。
家に着いてからもまた寝た。起きたら14時だった。

起きてからも、あまりにもダラダラしてしまったので、
気分転換に新しい曲を一つ書いてみた。

作っている最中は「なんだかなあ」と思っていたけど、
きりよく仕上がったところで、思いつきでテンポを落としてみると、
すごい名曲に感じられた!なんだこれ!魔法か!

そろそろ音楽制作環境をさらに拡張しようと、
最近はソフトウェア音源を探し始めている。

とりあえずBFD3のような生ドラム音源。
と考えていたけど、最近の自分の趣向的にマシン/シンセっぽいやつの方がいいような気がしてきている。

NativeInstrumentsのBattery4がよさげなのだけれど、
これはコンプリートバージョンに内包されているやつで、切り出しで買うと勿体無い。
ただ、コンプリートエディションを買うのはかなり資金的に辛い。

というわけで、安くていいの見つけた。
なんと(制作向きの)ドラムマシンがついて17,000円。

https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/182022/

どうだろう。まだもう少し考えそうだ。

あとは、歌とアコギの練習。もうすぐ初めてのライブだ。
セットリストとかちゃんと考えてないけど大丈夫だろうか。

 

 

 

10月からライブに出始めるのよ〜〜〜。

ここに書いたとて、誰かが来てくれる予感は微塵もしないのだけれど、
「曲谷ライブ始めました」の報告として載せときますね。

都内のライブハウスにて、一人でギター抱えて歌います。
さすらいのように。なぜ一人なのか、一人ぼっちなの!

誰かバンド組んでくれるならそれで構わないのだけどね!
メンバー!カモン!探すしかないのか!

というわけで、以下3つ。

ーーー

10/17(水) 月見ル君想フ

http://www.moonromantic.com/?p=39217

Open 19:00/Start 19:30
前売 2,000/当日 2,500 +1D 600

出演20時くらいから。
この前下見に行った時に、ここの近くにめちゃくちゃ面白い鉄板焼き屋を見つけたので、
もし来てくれる人がいるなら、終演後一緒に行きましょう。笑

ーーー

11/2(金) 代官山NOMAD

http://www.daikanyama-nomad.com/

OPEN18:15/START18:45
Adv¥2000 /Door¥2500(別途 1drink ¥600)

まだ、詳細が出てませんが、8組くらい出るそう。
NOMADは、アコースティック専門のライブハウス。
小さいけど、雰囲気が良くて飲み物が安いです〜〜。
渋谷からも歩ける。

ーーー

11/19(月) 渋谷サイクロン

http://www.cyclone1997.com/home.html

詳細未定。

出演順は後ろの方にしてくれるらしいので、
20時くらいにつければ間に合うのではないかな。うん。
下見まだなので、後ほど追記予定。

ーーー

全部平日。笑
仕事してる人たちは難しいかな。難しいだろうな。。

まあ、もし来てくれる人がいるなら、
なんらかの手段で、僕に連絡をください。(ここのコメントでもOK。)

全然知らない人でもウェルカムよ。うふふ。

↓↓↓↓そして重要なこと↓↓↓↓

1回目の人はチケット代をタダにします。

「こりゃあいいですな。居心地が良くてまた来たいな。」
と思ってくれたなら、次から定額払ってくださいませ。
(この方針は、一人で出る間は続けようかなと。)

東京のオシャレタウンの外れにあるようなライブハウスは、
内装が凝ってて、ドリンクメニューが豊富で、すごい落ち着いた雰囲気で、
気に入る人は気に入るんじゃないかな。

もし、気になった人がいたら、気軽においで!
待ってます〜〜。